知っておくと便利です車検の見積価格

自動車を所有し使用していると、2年に一度必ず車検(継続検査)を受けることが義務となっています。公道を走行している全ての自動車がこの継続検査を受けているのです。継続検査の有効期限が切れている状態の自動車を公道で使用すると違法となってしまうのです。継続検査は殆どの人が指定整備工場を所有しているディーラーや専門業者に手続きの一切を依頼します。依頼する際には必ず見積もりを出してもらう必要がありますが、ここで見るべき箇所は、法定費用以外の項目です。自動車重量税や検査手数用、自賠責保険料などの費用についてはどこの業者に依頼しても同じ金額となるためです。この法定金額以外の手数料が肝心となりますので、数か所の業者を比べる場合には、この部分を確認する必要があります。

車検を受ける際には見積もりを出してもらうことが必要です

自動車を所有していると、2年に一度の車検(継続検査)は必ず受ける必要があります。これは普通自動車であっても軽自動車であっても同様です。継続検査の有効期限を過ぎてしまえば、その自動車は公道で走行させることが不可能となってしまいます(走行させた場合には違法となります)。さて、多くの場合では、指定整備工場を所有しているディーラー各社や整備工場などの専門業者にて、継続検査の手続き一切を依頼することになります。しかし、料金は業者によって異なりますので、数か所から見積もりを出してもらうことが肝心です。ここで確認するべき箇所は、ディーラーや整備工場に支払う手数料となります。というのは、自動車重量税や検査手数料、自賠責保険料についてはどの業者で継続検査を受けても同じ金額となるからです。

継続検査価格は法定金額以外の確認を

前述したとおり、自動車重量税や検査手数料、自賠責保険料については『法定費用』と呼ばれており、これらの費用は誰がどのように継続検査を受けても同じ価格となります。そのため、見積価格ではこの法定費用以外の費用であるディーラーや整備工場に支払う手数料を比べていく必要があります(法定費用はインターネット上などで検索を行えばすぐにわかります)。あまりにも価格が高い場合には、手数料を多く支払うことになるわけです。ただし、点検・整備の料金については実際に行ってからでなければわかりません。整備しなければならない箇所が見つかった場合には、最初に提示された金額以上となるのです。ですから、継続検査で価格を比べていく場合には、あらかじめ法定費用を調べ、業者への手数料としていくら必要であるのかを把握しておく必要があります。