車検をする前に見積をとっておくのが得策です

車検は法律によって定められている、自動車の安全性を確認するための検査です。新車登録以後、初回はその3年後に、そしてそれ以降は2年ごとに受ける必要があります。この検査を通過するためには、定められた基準を満たしている必要があります。またこの際には、自賠責保険と重量税も支払わなければいけません。よってこの検査を受けていない自動車は安全性が確認できていない、また自賠責保険の更新ができていない、そして税金も支払っていないと言うことですから、走行させることはできません。また仮に検査を受けていたとしても、それを通っていない場合も同様です。この検査にかかる費用ですが、法定費用と呼ばれる部分はどこで受けても同じです。対して検査費用、事務手数料などは業者や工場により異なります。それを事前に確認できるのが見積です。

車検をする前に見積をとっておくメリット~費用を抑えられる

この検査時に支払う法定費用は、簡単に言うと法律によって定められている費用です。自賠責保険料や自動車重量税、書類に貼付する印紙代がこれに該当します。この部分は、普通自動車と軽自動車の間で違いはありますが、それ以外はどこで検査を受けても同じです。対して検査にかかる費用や事務手数料などは、業者などが自由に設定してます。そのため、検査を受ける業者や工場が違うと、結果的に費用に大きな差が出てくることもあります。ちなみに検査の項目と言うのは、法律によって定められています。つまり検査費用が高いところで受けても、安いところで受けても、基準を満たしていなければ検査を通過することはできないわけですから、結果は変わらないと言うことです。でしたら、少しでも安いところで受けた方が得だと言えます。そのため事前に見積をとることには、費用を抑えることができると言うメリットがあります。

車検をする前に見積をとっておくメリット~割引されることもある

もうひとつのメリットとしては、その業者や工場独自の割引サービスを知ることができると言う点です。法定費用に関しては割引サービスを適用させることはできませんが、検査費用などには割引を適用させることが可能です。よって業者や工場は、少しでも検査を受けてくれる人を獲得するために、こうした割引サービスを導入しています。たとえば事前に費用を確認した後、そのまま予約をすれば割引が適用されると言うサービスがあります。あるいは車検の有効期限が切れる数ヶ月前に予約をとれば、費用を割引すると言うサービスもあります。最近ではインターネットから予約をすれば、割引サービスを適用させると言う業者や工場も少なくありません。こうしたサービスの中には、併用させることができるものもあります。ですから事前に費用を確認すると同時、こうしたサービスを知っておけば、費用を大幅に安く抑えることも期待できます。